小学生 防犯

お子様が小学生になる頃には、幼いお子さんの頃のように保護者が一緒にいることも減り、行動範囲もぐんと広がってきて、親御さんにとっても心配の種が増えても来る年頃となります。それでも学校の行き帰りは、まだ集団登校や下校などで多少は守られてもいますが、ひとりで少し遠くのお友達のお家や、電車に乗っての塾通いを始める頃になりますと、少し帰宅が遅くなるだけでも不安に感じる時が多くなります。特にニュースを見ていると、防犯上のことがとても気がかりになる人は多いものです。そこで学校の通学やその他の場所への防犯として安全安心となるようなグッズをお買い求めになる保護者の方も多くなってきます。小学生に適した防犯グッズがいろいろありますので、お子様とご相談しながら検討をしてみるのも良いことです。

小学生の防犯グッズは数多く販売されています

通販サイトなどでも防犯で検索すると、小学生の子供に役立ち適しているグッズを多く見つけることができます。一般的なグッズとして手軽で人気のあるものには、防犯ブザーがあります。付いているヒモ等をひいたり、ボタンを押すことで、周囲に響きわたる大きな音が鳴って、周りに危険を知らせるグッズとして、多くの人が利用しているものです。種類も多く、お値段も手ごろで、小学生でも扱いやすいアイテムなので人気があり、専門業者からは様々なものが販売されています。なるべく音が大きく、カバンに入れられる持ち運びがしやすい大きさで、子供が扱っても簡単に壊れないようなものを選ぶのが良いです。また、スマホを持たせている子供だと、ネットワークを利用するグッズもあります。位置情報が判るGPS機能が付いているGPSケータイなどは、お子様のいる場所をリアルタイムで探せるので、防犯としての利用がでるグッズです。

小学生の防犯はグッズと指導が大切です

また位置情報で子供のいる場所を確認して、有事の時に簡単な操作をするだけで、民間のセキュリティー会社に繋げるような防犯グッズもあります。何か危険を感じたら、プロの人にダイレクトに通報ができると、保護者や子供には大きな安心です。以上のように、すぐに異常を知らせることができるような防犯グッズや、ネットを介するシステムがありますので、ご家庭の小学生の年齢に合った品を検討してみると良いです。そしてこのようなグッズを持たせる以外にも、危ない場所や不審者に近づかないことや、出来るだけ一人で行動しないこと、グッズの使い方に慣れておくことなどをご家庭でもしっかりと話し合っておくべきです。行動範囲が広がる小学生の子供が、これらの防犯グッズによって少しでも守られていれば、送り出す保護者にとっても精神的にも安心できるので上手に利用するべきです。

ホームページでは、サービスの情報だけでなく、子どもへの声のかけ方など、子育てに関わる情報も配信してます。 塾や習い事で電車を利用するお子さまを持つ保護者さまにとっては、うれしい見守りサービスとなります。 新しく端末等を準備する必要がなく、見守りサービスが利用できます。 見守りサービスは、日本テレビ「シューイチ」で紹介されたメディア掲載の実績あります! 小学生のお子様に|防犯対策まもレール