小学生 防犯

最近の小学校や中学校では、保護者宛のメール配信などで不審者の情報を得ることができる学校もあります。またそれ以外にも、インターネットのサイトやSNSなどでも不審者情報を得ることが可能です。こういった人物からの被害を受けないためには、日頃から子供本人に警戒するように伝えることが大切です。それに加えて防犯グッズを携帯させ、使い方などを一緒に学んでおくことも大切でしょう。この記事では小学生向けの防犯グッズの紹介や中学生との違いについても紹介していきます。これから防犯グッズを購入されるという方は、参考にしてみてください。防犯に興味を持ってもらうためにも、子供と一緒に買いに行ったり、選んでもらったりしても良いでしょう。できる限りの対策をして、少しでも被害にあう確率を下げられるように努めることをおすすめします。

小学生向けの防犯グッズについて

小学生向けの防犯グッズとして代表的なものは、防犯ブザーとホイッスルがあげられます。学校によっては配布されるところもありますが、100均や通販サイトでも購入することが可能です。音を鳴らすだけならば、100均のものでも十分です。より大きな音が良い場合やライトなどの機能が付いていた方が良い場合は通販などで購入すると良いでしょう。ホイッスルについても、100均や通販サイトで購入することが可能です。購入するだけでなく、いざという時に使えるように周りに迷惑のかからない場所で練習しておくと良いでしょう。また、名前を書くときは通行人からの目につきにくい場所に書いておくようにして、知らない人に名前を知られないようにする工夫も大切です。誘拐犯の中には、子供と親しくして警戒心を緩めるようにしてくる人もいるので一人になったときは特に話しかけてくる人に注意するように心がけましょう。

小学生と中学校の防犯グッズの違い

小学生よりも体力的に行動範囲が広がる中学生は、通学路だけではなく目の届かない外出先にも注意する必要があります。友達と遊びに行くなどの外出時には、GPS機能のついたキッズケータイなどを持たせておくという防犯対策を行なうと良いでしょう。何かあったときは通話も可能なので、何もないよりは安心することができます。機能の制限がかけやすいため、怪しいサイトにアクセスする危険性も抑えることが可能です。小学生と同じように、防犯ブザーなどを持たせておくのも良いでしょう。インターネットのサイトなどを活用して、危険な場所には近づかないように伝えておくことも大切です。情報やグッズをうまく活用して、不審者への警戒や対策を怠らないようにしましょう。自分の身を守ることができるのは、自分だけです。