小学生 防犯

小学校に上がると子供一人で行動する時間も増え、犯罪に巻き込まれる可能性もいやましに高まります。何事もないことが一番ではありますが、万が一に備えておくに越したことはありません。ここでは登下校時や遊びに行く時などに子供に携帯させたい防犯グッズを紹介していきます。小学生におすすめしたい防犯グッズ、まず一つ目は防犯ブザーです。周囲に危険を知らせる、不審者から逃げる時間を稼ぐなどの効果が期待出来ます。価格帯も1,000円から3,000円程度と比較的安価なため、気軽に持たせられるアイテムの一つです。音量は騒音レベルで「極めてうるさい」に相当する85dB以上を目安に選ぶといいでしょう。防犯ブザーをまだ上手く扱えない低学年の子供にはホイッスルもおすすめです。不審者対策はもちろん、震災などの災害時にも役立ちます。

防犯ブザーだけじゃない!小学生向けの防犯グッズ②

小学生におすすめしたい防犯グッズの二つ目は、キッズ携帯です。大手通信会社が子供向けにリリースしている携帯電話には、位置情報の検索、通話、メッセージのやりとりなどの機能が実装されています。プランによっては警備会社と提携したサービスを受けることも可能です。料金は端末代金が1万円から2万円、月額利用料が500円前後となっています。学校で携帯電話の持ち込みが禁止されている場合には、警備会社の専用端末による位置検索サービスが役立ちます。キッズ携帯に比べて機能はややシンプルですが、着信機能オンリーの通信機能が付いていたり、駈けつけ警護のオプションが利用出来たりと、企業によってそれぞれ特色があります。月1000円前後から利用出来るサービスもあり、導入を検討する価値は充分です。位置情報だけでも把握しておきたいという方は、GPS機能付きのタグや時計を利用するのもいいでしょう。

夜道歩きから防刃グッズまで!小学生向け防犯グッズ③

塾や習い事で帰りが夜遅くなる場合は、持ち物に反射テープを貼っておくことも有効です。暗がりの中でも可視化されやすくなり、不審者に襲われた場合などに周囲の人から気付いてもらえる可能性が高まります。車のドライバーからも視認されやすくなりますので、交通トラブルに巻き込まれる危険性も減らすことが出来ます。ミニライトやLEDを内蔵したアームバンドなど、光を放つアイテムも夜道歩きの心強い味方となってくれます。少し珍しい防犯グッズとしては、耐刃防護生地の交通安全帽といったものも存在します。見た目こそ普通の帽子と変わりませんが、切れにくい素材で作られており、子供の頭を怪我から守ってくれます。また、小学生にとっては防犯グッズを持っていること自体が犯罪の抑止力になります。鞄や持ち物に「防犯グッズ携帯中」などの文言が書かれたステッカーを貼っておけば、不審者を牽制出来るでしょう。