"近年、閑静な住宅街でも多くの問題が発生しており、世界的にみても安全な国とされている日本も必ずしも安全であるとは言えない時代になりつつあります。こうした問題は他人事ではなく、ごく身近に起こりうるという危機感を持たなければなりません。大人はもちろんのこと、注意をはらわなければならないのが子供です。特に小学生が何か起こったときの被害者となる事例が多く発生しています。小学生は徐々に行動範囲が広がりますが、まだまだ力が弱く、判断力も欠けているため、被害者になりやすく、しっかりと防犯の対策をとらなければなりません。特に学校からの下校時などに不審者に遭遇することも多く、防犯対策を強化することが大切です。防犯対策の仕方として、通学路に危険性はないかという確認と防犯意識を高める教育の他、防犯グッズを持たせることも重要であるといえます。 小学生に持たせるべき防犯グッズとは 学校からの帰り道に不審な人に声をかけられたという小学生は少なくありません。思わぬ犯罪から身を守るために、防犯グッズを持たせることが非常に重要です。防犯グッズとして最もメジャーなのが防犯ブザーです。防犯ブザーは、紐などを抜くとブザーが鳴り、周囲の人に危険を知らせてくれる機能があるほか、その音に驚いて不審者が逃げる可能性もあります。最近では人の声が録音されており、ブザーよりも周囲の人に危険性を知らせやすいものも販売されています。防犯ブザーの多くは1,000円前後で購入することができますので、小学生1人につき1つ与えておくと安心です。防犯ブザーはランドセルの中にしまいこんでいるといざという場合に使用することができないため、すぐに手にできる位置につけておくこと、目立つ場所であれば不審者から目をつけられずにすむということもあり、どこにつけるかはしっかりと考えなければなりません。 最新の小学生に持たせるべき防犯グッズとその値段 小学生の防犯グッズとして近年人気が高まっているのがキッズ携帯です。キッズ携帯にはGPS機能がついており、親のスマートフォンなどから子供がどこにいるかを確認することができます。通話も可能であるため、どこにいても連絡をとることができるという安心感もあります。キッズ携帯は各携帯会社から販売されており、月額1,000円から1,500円程度で契約することができます。本体の価格は様々で、無料のものや月額の利用料金と合わせて分割払いできるものもあります。しかし、キッズ携帯を学校に持ち込めないという場合も少なくありません。そういった場合にはGPS機能だけがついた防犯グッズを利用する手もあります。こちらは価格もキッズ携帯より安く、月500円程度で契約することも可能です。万が一の場合に備えてこういった防犯グッズを持たせておくとよいでしょう。"

近年、閑静な住宅街でも多くの問題が発生しており、世界的にみても安全な国とされている日本も必ずしも安全であるとは言えない時代になりつつあります。こうした問題は他人事ではなく、ごく身近に起こりうるという危機感を持たなければなりません。大人はもちろんのこと、注意をはらわなければならないのが子供です。特に小学生が何か起こったときの被害者となる事例が多く発生しています。小学生は徐々に行動範囲が広がりますが、まだまだ力が弱く、判断力も欠けているため、被害者になりやすく、しっかりと防犯の対策をとらなければなりません。特に学校からの下校時などに不審者に遭遇することも多く、防犯対策を強化することが大切です。防犯対策の仕方として、通学路に危険性はないかという確認と防犯意識を高める教育の他、防犯グッズを持たせることも重要であるといえます。

小学生に持たせるべき防犯グッズとは

学校からの帰り道に不審な人に声をかけられたという小学生は少なくありません。思わぬ犯罪から身を守るために、防犯グッズを持たせることが非常に重要です。防犯グッズとして最もメジャーなのが防犯ブザーです。防犯ブザーは、紐などを抜くとブザーが鳴り、周囲の人に危険を知らせてくれる機能があるほか、その音に驚いて不審者が逃げる可能性もあります。最近では人の声が録音されており、ブザーよりも周囲の人に危険性を知らせやすいものも販売されています。防犯ブザーの多くは1,000円前後で購入することができますので、小学生1人につき1つ与えておくと安心です。防犯ブザーはランドセルの中にしまいこんでいるといざという場合に使用することができないため、すぐに手にできる位置につけておくこと、目立つ場所であれば不審者から目をつけられずにすむということもあり、どこにつけるかはしっかりと考えなければなりません。

最新の小学生に持たせるべき防犯グッズとその値段

小学生の防犯グッズとして近年人気が高まっているのがキッズ携帯です。キッズ携帯にはGPS機能がついており、親のスマートフォンなどから子供がどこにいるかを確認することができます。通話も可能であるため、どこにいても連絡をとることができるという安心感もあります。キッズ携帯は各携帯会社から販売されており、月額1,000円から1,500円程度で契約することができます。本体の価格は様々で、無料のものや月額の利用料金と合わせて分割払いできるものもあります。しかし、キッズ携帯を学校に持ち込めないという場合も少なくありません。そういった場合にはGPS機能だけがついた防犯グッズを利用する手もあります。こちらは価格もキッズ携帯より安く、月500円程度で契約することも可能です。万が一の場合に備えてこういった防犯グッズを持たせておくとよいでしょう。